初めて水道がきたような未開の地で水漏れが発生したら

世界ではまだ水道が通っていないところがあります。
少数民族のところが多いのですが、
そういったところに水道を通ることは、とても重要なことと言えます。
しかし、水道を通すということは並大抵のことではありません。
きちんと通るまでには、いろんなトラブルが起きてしまいます。
例えば、水道の水漏れですが、初めて水道が通ったところでは、
大洪水が起こったのではないかと疑われるケースもあります。
なので、大混乱に陥ってしまう場合があります。
きちんと水道という概念をみんな理解できていなければ、
大洪水と疑われても仕方がありません。
そういったトラブルを乗り越えて、水道が通れば、
人々の生活は通る前よりも間違いなく充実するでしょう。


Posted in 調査記録 by with no comments yet.

ある民族衣装が白衣を連想させる

白衣とは白い衣装のことを指しているほか、医師や看護師などの
医療従事者が身につける作業服のことを指している場合もあります。
そのため白衣の通販などの専門的なサイトもあり、
医師や看護師などが気軽に利用しています。
そんな白衣は実は韓国の民族衣装と似ていると考えられていることが多く、
元々韓国の民族衣装は白を基調としたものが多いため、
よくよく見てみると白衣のように見えてくるものもあるようです。
そのためコスチュームなどを販売しているサイトでは
民族衣装なども販売しており、それらを見て白衣の通販と勘違いしてしまった
というケースもあるようです。
ただしよく見てみると違っているところも多いので、
違いを確認してみるのも面白いかもしれないです。


Posted in 調査記録 by with no comments yet.

配管工の転職記事を見て配管工の作業着が欲しくなり。

先進国と言っても少数民族はいるもので、ロシアにももちろん少数民族は存在します。
マンシ族、ハントィ族、アルチ族などがロシアの有名な少数民族です。
写真のビジュアルを見るとまるで映画やアニメのキャラクターのような衣装で、
とても新鮮な気持ちになって、少なからず憧れる自分を発見できます。
寒い国ならではの暖かそうな服装で、マンシ族のモコモコの毛皮の服を
一着は手に入れたくなるほど魅力的です。
配管工の転職記事を見て配管工の作業着が欲しくなりましたが、
あの時以上のわくわくがあります。
マンシ族は、現在およそ12,000人がロシアにいるそうですが、
そのまま独自の文化を大切にしてほしいと切に願います。


Posted in 調査記録 by with no comments yet.

中華街で宴会の誘いは喜んで!

少数民族について研究する会では
月に一度は集まる人数に関わらず定例会を開いています。
今まで集まらなかったことはないので、毎月かかさず実施していますね。
意外と続いている関係です。
で、先日は横浜に住む仲間から、定例会の後は宴会、
それも中華街で宴会の会場を借りて勉強会もしてしまおう!
という提案がありました。
今まで会場を借りきって定例会をしたことがなかったので、
ほぼ会員全員が集まることになりそうです。


Posted in 調査記録 by with no comments yet.

新居の賃貸、上大岡の駅前から歩いて5分で通勤も楽になりそうです。

余暇を有意義に過ごす為に外国語を習おうかと思っています。
今度住む賃貸は上大岡の駅前から程近く、近くに語学学校がたくさんあったので
思い立ったと言う訳です。
通訳の仕事をしている友人曰く、少数民族の通訳は
人が居ない事もあり高給取りなのだとか。
その分習得も難しいのかもしれないけれど、
どうせ今から新しく語学を勉強するなら、
そういう希少価値に目を付けるのもありかな、
なんて世界の少数民族について調べ始めました。


Posted in 調査記録 by with no comments yet.

古物市場で扱うものは?

私の友人が最近古物商の届け出をしたそうです。
というのもご実家で古物商を営んでいたそうで、
その時の商品がまだご実家の蔵に眠っているからだそうで。
これはお宝の匂いがする、と副業ではじめることにしたそうです。
古物市場で仕入れるのは今後の目標で、
しばらくはネットでほそぼそと販売を始めてみるとのこと。
それよりも商品の見極めが難しく、
実家のつてで真贋講習を受けることにしたそうです。
そこがやはり大事ですよね。


Posted in 調査記録 by with no comments yet.

葬儀で座間市に出向くも迷子で遅刻…

恩師が亡くなったため、葬儀で座間市に行ってきました。
座間市が神奈川県にあることは知っていましたが、
今まで用事がなかったため、はじめており立ちました。
座間駅で友人と待ち合わせたのですが、
改札前で待ち合わせまではよかったのですが、
葬儀場の場所がさっぱりわからず、
地図はあるのに二人とも読めないと言う…(苦笑)。
自分がとこにいるのか分からなくなったときに、礼服の集団を発見。
後をつけて事なきを得ました(笑)。


Posted in 調査記録 by with no comments yet.

トリミングは横浜の店舗だったので

大学図書館へとある民族のことを調べに行こうと思っていたら、
ちょうど行こうと思っていた方へ用事ができたので、
いくつか用事を済まそうと思い土曜日はトリミングに横浜、
横浜国立大学付属図書館、横浜中華街の鍼灸整体院と3か所へ行ってきました。
ペットを預けておいて私もメンテナンス&調べ物ができて、
充実の週末を過ごすことができました。
次回もこのコースで行こうかと画策中。
図書館はやはり勉強脳を刺激されますね。


Posted in 調査記録 by with no comments yet.

アイヌの開業医と聞くと雄大な感じ

日本の民族で、アイヌ民族がいました。
アイヌの方がどれだけいるかと考えると少なく感じるかもしれませんが、
約2万人以上は日本にいらっしゃるそうです。
私のように平凡な家庭に生まれていると民族というだけ、
なんだかカッコ良く見えたりしますね。
おもに北海道を拠点にしているので、
さらに私の感覚から遠くなって想像がしにくいのですが、
家庭ごとに伝統などがあったりしたらそれだけでムネアツです。
私の近所の開業医は節税、節税と念仏のように言っていますが、
アイヌの開業医と聞くと雄大な感じがして節税とは無縁な気がしてきます。
(そんなことは絶対ありませんが)もっと、民族のこと勉強せねば。


Posted in 調査記録 by with no comments yet.

チェロ販売店で聞いたのですが、チェロ奏者って少ないらしんです。

これだけグローバルな世界になってくると、
まだ見つかっていない民族がいるとは思えなくなってきます。
UMAなどもどんどん幻化してきてますよね。
反面「新人類」といった既存の感覚ではカテゴライズできない人達が出て来ています。
最近は、こういった「新人類」も民族の一つにできるのでは?
とすこし真面目に考えています。
というのも、今の時代新たに民族ができるという事は、ありえず、
過去のある種のカテゴリの人の集まりを単に民族としたのだとしたら、
今の時代も同じような人の集まりが一定周期継続したなら
民族としても良いのではと考えたからです。
先日、チェロ販売店で聞いたのですが、チェロ奏者って少ないらしんですが、
チェロ奏者でもいいんです。
新たな民族計画。
どうっすかねぇ。


Posted in 調査記録 by with no comments yet.

タイの少数民族とサーフィン初心者の出会い

タイ・プーケットに旅行に出かけたときに、
時間的にダイビングよりサーフィンが初心者には良さそうだと
1日スクールに参加したんです。
そこでタイの少数民族の若者と出会って、
その日の夜に彼の家に招かれるという希少な体験をしました。
旅はツアーだったのですが、現地の担当者が
うまくスケジュールを調整してくれたので実現しました。
彼との出会いがタイの少数民族の知見をぐっと広げてくれたのです。
今でもメールのやり取りをしていますが、また会いにいきたいです。


Posted in 調査記録 by with no comments yet.

井之頭病院の看護体制は?

私の友人は井之頭病院の看護師をやっています。
たまたまですが私の実家が井之頭病院の近くにありまして、
両親に何かあったときにはお世話になるかもしれませんし、
家族ぐるみで仲良くさせてもらってるんです。
先日も実家で食事会をしたのですが、
その時に井之頭病院の看護体制についてとても興味深い話を聞きました。
中で働く人がいるといろいろと安心感がありますね。
何かあったときには彼女のいる病院でお世話になりたいと思いました。


Posted in 調査記録 by with no comments yet.

ウユニ塩湖へ旅行に出かける

世界各地の少数民族でも、今一番興味があるのが
インカ時代の遺跡の周りに今でも暮らす民族です。
この地域への旅行は非常にバラエティーに飛んだ内容になりますよ。
まずはアマゾン源流へのクルーズでしょう、ピラニアフィッシングもできます。
ジャングルの散策のあとはサンタクルスへ、
ボリビア最古のサン・フランシスコ修道院をめぐり、ウユニ塩湖へ旅行に出かけ、
ボリビア最古のインカ時代の遺跡ティワナク遺跡へ。
ちなみにこの旅行で2つの少数民族に出会えます。


Posted in 調査記録 by with no comments yet.

autocad ltとの交換条件は…

autocad ltのライセンスを持っている友人に、
ちょっとした設計図をお願いしようと思っているのですが、
なんとなく話を持ちかけたところ、
ある条件をのんでくれたら快く引き受けようと言われたんです。
何かと思ったら私の蔵書の少数民族の写真集をしばらく貸してほしいとのこと。
今度、とある少数民族と1週間過ごすツアーに参加するそうだ。
なんと羨ましい。
自分もいつかいってみたいものです。
設計図は作ってもらえるし、土産話は楽しみだし。
なんか得した気分。


Posted in 調査記録 by with no comments yet.

便利屋さんが持っていた本

今日会社に来た、便利屋さんは引っ越しに関わる倉庫の移動や不用品の処分、
掃除などで5年以上お世話になっている担当さんです。
定期的にお会いするので、勤続年数の長い人は顔見知りなんですが、
この方が本好きで結構貸し借りもしているんです。
今日見かけたとき、紙袋に本を何冊かお持ちでしたが、
その中でラカンドン族の生活に密着したグラビア本を発見し、
お借りすることにしました。
実は過去にいったことのある地域なので、もしや知っている人がのっているかも?


Posted in 調査記録 by with no comments yet.

趣味全開に千葉でリフォームした友人。

千葉でリフォームした友人が、この機会に趣味全開な飾り付けにしようと
民族的アイテムを矢鱈と収集しています。
どうやら民族チックであればなんでもいいようで、基準は自分の感性だということ。
以前お邪魔したときは、玄関にはいると大きなお面がお出迎えしてくれましたっけ。
奥様に聞くと本当は嫌だ、と言ってました。
御愁傷様です…。
ま、私もあのテイスト嫌いじゃないのですけどね。
ただ、毎日囲まれたくはないかなぁ、って思います。


Posted in 調査記録 by with no comments yet.

中国・天津住む少数民族。

少数民族と単に聞くと、未開の地の文化の全然違う人達を思い浮かべがちですが、
日本でも存在します。
アイヌなどは比較的有名なのではないでしょうか。
隣の中国では、ウイグルなどがありますが、
ウイグルへの中国の圧力は世界的にも問題となっているので、
ご存知の方も多いでしょう。
少し思い出すとこのように少数民族と言っても身近な存在だと認識することができます。
友人が近々天津に住むことになりましたが、中国国内の少数民族派の問題はどういう扱いなのか、
ちょくちょく伺ってみようと思います。


Posted in 調査記録 by with no comments yet.

コンフォート病院のがん検診で知ったこと

毎年がん検診を受けているのですが、
知人に「少数民族の写真集が充実してる病院がある」という情報を得て、
今年はコンフォート病院でがん検診を受けてみました。
病院の検診は待ち時間が長い場合があるので、
蔵書にこだわっているところもあり、それを楽しみ?に検診を受けに行ったわけです。
買おうかどうかを迷っていた写真集を発見し、中を確認できたのがラッキーでした。
これで検診結果が何事もなければ万々歳です(^^)


Posted in 調査記録 by with no comments yet.